(株)インフォジーンズは、ヒトの細胞を用いて女性ホルモン(エストロゲン)活性を評価します。

女性ホルモン活性の測定法

 

 

 

蛍光スキャナー(写真奥)とDNAマイクロアレイ(手前)

 エストロゲン活性の評価を正確に行うために、載せる遺伝子はエストロゲンによって制御を受ける遺伝子(エストロゲン応答遺伝子)のみに限定し、それ以外の遺伝子によるノイズ情報を排除しました。

 

細胞増殖試験の結果例

DNAマイクロアレイ試験の結果例

目次に戻る

トップに戻る

 

 

 

 

スキャニングによる蛍光値の読み取り(途中)