女性ホルモン(エストロゲン)不足を補うには?

ホルモン補充療法と女性ホルモンサプリとの比較-どちらが更年期後の女性に有効か

 

 

 更年期障害等のエストロゲン不足による不調を治す方法としては、エストロゲンそののかそれに似ているエストロゲン様化合物を補充するのが効果的と考えられています。

 前者はホルモン補充療法(HRT)と呼ばれ、根本的な治療法と考えられていますが、乳がんのリスク上昇などの副作用も考えられるため、医師の診断と処方は欠かせません。

 もっと手軽にエストロゲン不足を補う方法としては、エストロゲン様化合物を豊富に含む植物を素材にした健康食品やサプリメントを摂ることが考えられます。これは、摂取験の長い植物(例えばダイズ)を原料としていれば安全性に特に問題は無く、ホルモン充療法より手軽に実行できます。ただし、エストロゲンに似てはいても化学構造の異成分を含むサプリメントが本当に効くのかについては、単なる成分分析だけではなく、生理活性(エストロゲン活性)を測定してヒトのエストロゲンと比較することが重す。

 

エストロゲン活性はどうやって測るのか?

(株)インフォジーンズが発見した植物性エストロゲン

目次に戻る

トップに戻る

 

特徴:

 ヒトの体内で合成されるエストロゲンと全く同じものを補充する。

特徴:

 長年にわたってヒトが摂取してきた植物を素材としていれば、安全性については問題はない。ホルモン補充療法よりも手軽に補充できる。

問題点:

 これまでに発見されている植物由来のエストロゲン様化合物は、ヒトのエストロゲンとは異なる物資であるため、その生理活性(エストロゲン活性)を検査しない限りサプリメントの効き目は正確には保証できない

問題点:

 乳がんのリスクが上がるなどの副作用の可能性があるため、実施には医師の処方や定期健診が欠かせない