自然界には、女性ホルモンに似たものがこんなにたくさん・・!

女性ホルモンに似た化合物の種類

 

 

 自然界には、ヒトの体内で分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の他に、エストロゲンと化学構造の似ている様々な化合物が存在します。これらはヒトの体内に入るとエストロゲンと似たような生理作用を及ぼすと考えられています。

 このうち、人工的に合成されたものとしては、医薬品として合成されたDES(ジエチルスチルベストロール;膣がん等を引き起こすとして使用中止になった)のほかに、工業製品の原料として合成された化合物(ビスフェノールA、パラベンなど)があります。

 一方、植物の中には、エストロゲンと似た作用を持つ化合物を生成するものがあり、更年期後の女性の健康を維持するための健康食品の素材として期待されているものもあります。上の図は、代表的な植物名と、それらに主として含まれるエストロゲン様化合物の名前を挙げました。
 ダイズに含まれる3種の化合物は大豆イソフラボンと呼ばれ、摂取経験は他の植物由来のエストロゲン様化合物と比べて非常に長いと言えます。 

 

目次に戻る

トップに戻る