女性ホルモン(エストロゲン)が不足するとこんなトラブルが!

更年期後に女性ホルモンが不足するとこんな症状が起こる

 更年期を迎えると、卵巣の機能の低下に伴い、女性での女性ホルモン(エストロゲン)

の分泌量は急激に低下します。更年期後のエストロゲンの減少は、妊娠や出産が困難

になるだけではなく、脳や骨、血管などの様々な臓器の不調や疾患のリスクを高めます。 

 女性にとって、この時期をいかに乗り切るかは極めて重要な課題です。

 

 

女性ホルモン(エストロゲン)が不足するのはなぜ?

目次に戻る

トップに戻る