女性ホルモン(エストロゲン)には、これだけ多くの役割があります。

女性ホルモンの役割-更年期前

 女性ホルモンの1つエストロゲンは、更年期前の女性の体内では主として卵巣で合

され、血液を通して全身に運ばれます。エストロゲンは子宮や乳腺のみならず、骨や

血管、脳、肝臓、皮膚などの器官にも働きかけて、それらの機能の維持に重要な役割を

果たします。  

 エストロゲンは男性の体内でも少量ながら分泌され、同様に健康の維持に重要な

役割果たしています。

 

女性ホルモン(エストロゲン)が不足したらどうなる・・・?

目次に戻る

トップに戻る